あなたの中にある思い込みが、『受け入れられない”わたし”』をつくり出している

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

わたしたちは、個々で違った”思い込み”というものを、

いくつも抱えながら生きています。

その思い込みというものは、ある意味、

”わたし”という存在におけるモノゴトの判断基準を

司っているもの、ということが言えるでしょう。

 

思い込みがあることで、あなた自身が受け入れられないこともあるし、

抵抗なく受け入れることができることもある。

 

あらゆる問題は、わたしたちが個々で抱えている

”思い込み”によってつくり出されている、と言っても過言ではありません。

あなた自身が抱えている”思い込み”には、どういったものがあるのか?

 

それを、あなた自身が知らないことには、

”思い込み”に支配されながら生きていくことになるでしょう。

今日のブログでは、あなた自身の価値観や、

世界を狭めてしまっている”思い込み”について

その問題構造をみていきたいと思います。

 

 

 

偏ってしまうことが問題になる

 

summerfield-336672_1280

 

あなた自身が、何かを『受け入れる』ってことに、

普段から抵抗を示しているひとからすると

あらゆるモノゴトを、なかなか簡単に

受け入れることはできないでしょう。 

 

じゃあ、何でできないのか?ということになりますよね。

それは、受け入れるというプログラムが、

あなた自身にはないから、ということになります。 

 

 

厳密に言うと、『受け入れる』という

プログラムはあるけれども、それが遮断されているのです。

『受け入れる』のか、『受け入れない』のか、

どっちに偏っているかだけの違いだけだと、

わたしは捉えていて、『受け入れない』という

プログラムしかないとは考えていません。 

 

受け入れることができないひとの多くは、

承認欲求の世界に生きているひとが多い。

 

ひとは、モノゴトを自分の価値観や色眼鏡で

みたいようにしかみてないし、自分の都合の良いように

解釈しながら生きているわけです。 

 

そういった前提があって、誰ひとりとして、

同じ価値観のひとがいないのにも関わらず、

自分の価値感が正しいものであり、絶対的なものであり、

他の誰もが、同じ価値観を共有しているものという

”思い込み”の中で生きているのです。

 

 

この”思い込み”が強ければ、強いほど、ひとの価値感を

理解することもできないし、受け入れることも

できなくなってくるのです。

 

 

自分の価値感を押し通して生きる、ということは、

ほぼ不可能ですし、そんな生きづらい状態で生きていくことには

何もメリットはないでしょう。

人間的な成長も期待できないし、何よりも

周りのひとたちから応援される生き方ができなくなるはずです。

 

 

 

自ら孤立を深めている

 

lonely-814631_1280

 

わたしたちは、何らかのコミュニティに所属していて、

そのコミュニティの一部であるのにそこから、

分離してしまっているのです。

分離している、を言い換えると孤立している

ということになるでしょう。

 

自分の価値感が正しいという思い込みの世界で生きているので

ひとから意見されるというのは、自分を否定されるような

感覚を抱いてしまうわけです。

 

 

それは、思い込みであり、被害妄想でもあります。

 

先にも書いたように、わたしたちは、何らかのコミュニティに

属していて、共同体であり、その中の一部なのだから、

その中で孤立してしまうことは自分自身を

苦しめるものでしかありません。

 

視点や、意識が自分の外側に向くことがなく

自分自身にベクトルが向いてしまっているのです。

 

 

自分の価値観を押し出そうとするけど、それが上手くいかない。

 

そうすると、自分を否定されているような感覚を

抱いてしまって、周囲を敵対視してしまうのです。

そのことによって、どんどん周りの意見を聞き入れなくなるし、

孤立を深めていってしまうという構造になってしまっているのです。

 

 

思い込みの問題構造を知る

 

question-1015308_1280

 

『課題の分離』について、以前のブログで書いたことがありますが、

自分の課題と他者の課題、とを分けて考える必要があります。

 

あなた自身は、相手から否定や批判されているかのように

受け取ってしまっているかもしれませんが、相手には、

そんな気はないことが多い。

自分自身が、勝手に思い込んでしまっていて、

それを問題化してしまっているだけってことも多いのです。

 

 

そう考えると、

思い込みをつくり出した自分自身の捉え方が変わらない限り

どんどん自分自身が苦しくなっていくことが

わかるのではないでしょうか。

 

一度つくり出した”思い込み”は使われる度に、

どんどん影響力を増していくものです。

 

だから、早い段階で、あなた自身がつくり出した

思い込みに気づく必要があるのです。 

 

 

どのような過程で、その思い込みがつくられて、

どういったときに、思い込みが発動しているのか、

そこに気づくことによって、あなた自身がもっている

”思い込み”の構造を知るキッカケになるでしょう。 

 

 

構造を知ることで、その思い込みが、自分にとって

本当に必要でないものである、ということがわかるので

その思い込みを解放することができるようになります。

 

・自分の価値観でしかモノゴトをみていない

・視点が偏っている

・モノゴトに対して、視座が低い

ということが、大きな問題なのです。 

 

 

別の事例で例えると

わたしたちは、日本というひとつの大きな国に住んでいて、

その日本の中には、47都道府県があり、

47都道府県の中には、市町村も無数にあります。

 

受け入れられない、というひとは、市町村以下の住所、

例えば、○○町1丁目1番1号という住所に住んでいたとして、

1号という部分が自分自身とします。

 

その”1号”というのが自分の世界だと思い込んでいて、

そこしかみていないのである。

 

 

視点を高くしてみると、自分という存在は

1号からひろげていくと、1番も含まれているし、

1丁目とか、○○町とか

もっと視点を高くしていくと、○○市、都道府県、日本、

と多くの領域、範囲を含んでいる存在であることが分かると思います。 

 

 

視野を広げ、視点を高くすると、”わたし”という存在は、

様々なものを含んでいる存在であり、世界は

無限に広がっているし、孤立している存在ではない、

ということに気づけるのではないでしょうか。

 

それなのに、自分自身でもっとも狭い世界の中に閉じこもり、

外側をみようとしないし、知ろうとしない。 

 

 

だから、自分の価値感を押し通そうとしてしまうし、

他者の価値観を受け入れることができないわけです。 

 

自分と他者を分け隔てて、分離してしまっているのです。

鎖国状態になってしまっていて、周りの国と、

常に牽制し合い、もめたり、戦争をやっている。

まるで、そんな状態で生きているとも言えるでしょう。

 

 

視点を高くすると、本来は、同じコミュニティであり、

共同体であり、自分自身の一部なのに

それを、敵対視してしまうことで、

攻撃対象にしてしまっているのです。 

 

 

あなた自身が、そこに気づかない限り、永遠に

周りを敵対視してしまうし、受け入れることはできないでしょう。

 

自分自身に閉じこもり、周囲を頑丈な壁で囲って、

これまでにどんどん強固にしてきたから、簡単には、

その壁を取り除いていくことはできないかもしれません。

 

しかしながら、あなた自身で”思い込み”に気づき、

それが、あなた自身の中で、大きな”気づき”となったときに、

簡単に壁を取っ払ってしまうことができるひともいます。

 

 

大事なことは、自分自身はひとりで生きているのではなく

共同体として生きているということを知る、

ということでしょう。 

 

 

それは、

知識だけを入れる、ということではなく、

実体験を伴って腑に落とすことが、重要なのです。 

 

周りは、あなたの敵ではない。

そういう思い込みをつくってしまったことが問題なのです。

 

 

あなた自身と向き合って、自分自身が

つくり出してしまった思い込みを解放していくこと。

そのプロセスが大事なのです。 

 

それは、あなた自身にしかできないことであり、

あなたの代わりに、誰かがやってくれるものでもないし、

やれるものでもありません。 

 

ただ、誰かがあなたの手助けはできるけど、

結局やるのはあなた自身。

 

恐いし、不安を感じるでしょう。

だからといって、先延ばしにし続けてても、

どんどん苦しくなるだけです。 

 

 

早い段階で、その思い込みに気づき、解放していくことを、

お勧めしたいと思うのです。

 

 

『どうしても受け入れられないんです』というひとは

少なくないかもしれませんね。

顕在意識では、変わりたいし、受け入れるようになりたい、

とはいくら口では言っていても

潜在意識では、変わりたくないし、受け入れたくない

ということが大いにあるわけですから。 

 

 

他者に期待して、自分を変えてもらうことを望むよりも

自分自身と向き合った方が、はるかに早いし、

成長もするし、進化もします。 

あなた自身の世界は広がるし、価値感も、

どんどん再創造されていくでしょう。 

 

あなたは、どの世界で生きていきたいのですか?

自分の価値観の中、もっとも狭く暗い世界に閉じこもり続けるのか

自分の殻をぶちこわし、様々な可能性が

広がっている世界で生きていくのか

すべては、あなた自身に委ねられているのです。 

 icon-hand-o-up 今日のブログと関連した、こちらの記事もお勧めです!

・あなた自身が抱えている思い込みは、あなた自身の過去の体験から

創り出されものであると同時に、他者の価値観によって

創り出されたものでもあります。そういった、あなた自身が

抱えている”思い込み”に気付かないことには、あなたの世界は

”いま”以上の広がりはないのです。 

 幸せになりたいひと必見!幸せはすでにあなたの中にある  icon-share-square-o 

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , , ,