自分を表現できないあなたに贈る、自己表現するための方法

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

あなたは、あなた自身を表現できていますか?

それとも、あなた自身を表現できずに、

自分を抑圧しながら生きていますか?

 

もし、あなた自身を表現しながら生きられているとしたら、

このブログなんて読んでいないと思います。

 

あなた自身が、”わたし”を表現できずに苦しんでいる、

という背景があるからこそ

いま、このブログを読んでいると思います。

あなた自身が表現者となれない理由は何でしょう?

もちろん、その理由が分かっていたら、

とっくに解決しているかもしれません。

 

しかしながら、いつまで経っても解決しない。

どのように解決したら良いのか分からない。

そのように感じているのではないでしょうか?

 

あなた自身が、”わたし”という存在の表現者となれない

理由を知らない限り、その問題からは抜け出すことができません。

あなたが、”わたし”自身を表現できないのは、

過去に『”わたし”を表現してはいけない』、

という思い込みをつくってしまったからなのです。

他の誰でもない、あなた自身がつくり出した”思い込み”によって

あなた自身が悩み、苦しんでいるわけです。

 

 

だから、あなた自身がつくり出してしまった

”思い込み”を知ることからですね。

 

”思い込み”を知るから、何らかの対処ができるのです。

 

 

今日のブログでは、あなた自身を表現できない”思い込み”の問題の背景と

その”思い込み”から解放するための方法をお伝えしていきたいと思います。

 

 

表現者になる

 

あなた自身が、自分という存在の表現者になれないのは、

どういった障壁があると思いますか?

自分自身を表現できないのには、様々な理由があるでしょう。

そして、その理由を

あなた自身が、自分で知ることがない限り

あなた自身、という存在の表現者にはなれません。

 

自分自身を表現したいのに

それができずに、自分の内側から発動したものを

外側に出すことができずに自分の中に、押し込めてしまう。

 

または、自らの感情を押し殺し、何も感じないようにしてしまっている。

それは、いわゆる”便秘”状態と言えるでしょう。

 

 

もちろん、カラダの側面だけの話ではありません。

 

ココロの側面において、自分自身を表現できていないと

カラダの側面として、実際に”便秘”という

症状となって現れることは少なくありません。

逆にいうと

もし、あなたが慢性的に便秘に悩まされているのであれば

それは、カラダが”便秘”というサインを通じて

あなた自身を表現していない、というココロの声を

知らせてくれているのかもしれませんね。

なぜ、表現者になれないのか?

 

rain-455120_1280

 

大きな問題として考えられるのは

あなた自身が、過去の”ある出来事”で

あなた自身を表現してはいけない、という

思い込み、をつくり出してしまったから、なんです。

 

 

過去のある体験で

『わたし自身を表現してはいけないんだ』

という思い込みをつくってしまったのです。

その体験が、元になりその後の、様々な出来事において

自分自身を表現してはいけない、というプログラムを

繰り返し使っていくことでその思い込みを、

自動的に発動させてしまうようにあなたの持つオートプログラム化してしまっているのです。

思い込みは、使えば使うほど

思い込みの影響力、支配力は強化されていきます。

 

 

そのように、自らがつくり出してしまった”思い込み”によって

自分自身を表現できないようになってしまったのです。

 

あなた自身の思い込みをなくすには?


clock-64265_1280

 

それは、あなた自身が抱えている”思い込み”が

過去の、どういった体験によって、つくり出されたのか、

ということをあなた自身が知る、

ということが大事になってきます。

過去のある出来事が、起源となってつくり出された思い込み。

 

その当時は、自分を表現してはいけない

という思い込んでしまったけれども

いま、という立ち位置から

その”思い込み”をつくり出してしまった体験を

再定義しなおす、ということが大事になってくるのです。

 

それは、どういうことか?、というと

過去の出来事で、『自分を表現してはいけない』と思い込んでしまった。

それっていうのは、自分自身を表現しないことで

自分自身が傷つかないように、守る、という本能的な衝動によって

『自分を表現してはいけない』と、強く思い込んでしまったわけです。

 

 

 

動物的な反応として、自分自身の身を守るために

身動きを取らない、というプログラムが

わたしたちのDNAには、刻み込まれているのです。

だから、それはある意味仕方のないことなんです。

多くの場合、幼少期にあらゆる思い込み、というのはつくられていますが、

幼少期というのは、大人と違って人生における体験が、少ない。

 

 

ということは

自分の思考や行動選択において

どのように選択、判断する、ということを考えるフィルターが

明らかに少ないのです。

 

 

限られた選択肢から、思考や行動の判断を下さなければいけない。

 

 

限られた選択肢の中で

ほとんどの場合は、自分自身を抑制する、

という選択を取ってしまうわけです。

 

それが、『自分自身を表現しない』ということにつながり

そういった思い込みをつくり出してしまう原因なのです。

 

 

 

自分自身の”思い込み”

つまり、『自分自身を表現してはいけない』というプログラムが

いつ始まったのか、

どういうプロセスで、思い込みを抱いてしまったのか、を知ること。

 

 

 

そして、いま、という立ち位置から

その出来事を再定義しなおし、

自分自身を表現してはいけない、というプログラムを

解除することが重要になってきます。

 

 

具体的には、その思い込みは、

過去のわたしには、そうすることでしか自分自身を守ることができない

と思い込んでしまっていたから、その思い込みを使って

これまでわたし自身を守ってきたけど

 

もう、その思い込みは、わたし自身を守るために必要ではなくなったから、

これまで、わたしを守ってくれてありがとう、

という感謝の想いを込めて思い込みを解除する、

ということが大事になってきます。

 

 

大事なのは、”感謝をもって”、ということです。

 

 

 

それがなければ、いつまでも過去につくり出した思い込みを発動させることになり

自分自身を表現できないプログラムを、自動的に働かせ続けることになるからです。

 

 

 

まとめ

 

自分自身を表現してはいけない、という思い込みが

つくり出されたのは、いつなのか?

 

 

そして、どういう出来事があって、

思い込みをつくり出してしまったのか。

 

 

まずは、それをあなた自身が知ることです。

 

そして、その思い込みは

これまでのあなた自身を守るためにつくり出したプログラムであり

 

それは、いまのわたしには、もう必要ではないから

これまでの感謝をもって、思い込みを解除する、ということが大事になってくるのです。

 

 

あなた自身の過去を紐解き、過去を再定義しなおせば、

あらゆる過去の出来事が、いまの自分を応援するエネルギーとしてかえってくる。

そうやって、バラバラになっているあなた自身を統合していきましょう。

 

 

一体感をもって生きること。

 

 

そうすれば、エネルギー切れを起こして行動できない、

ということがなくなり

 

あなた自身の成長や進化のために

ひとのお役に立てることにエネルギーを循環させていけるようになるのです。

 

 - ブログ , , , , , , ,