あなたのセルフイメージが、変われない”わたし”をつくり出している

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

『変わりたい!』と願っても、なかなか変われない

”わたし”が、そこにいる。

そのような”わたし”を残念に思ったことはないでしょうか?

 

 

変われないのには、理由があります。

ただ闇雲に突き進んでも、それはエネルギーを切れを

起こしてしまうし、結局は変われない自分に、どんどん

『変われない”わたし”』というセルフイメージを

強化してしまうことになるのです。

 

 

そうなってしまうと、変われない”わたし”から

抜け出すことが難しくなるでしょう。

あなた自身のセルフイメージが、あなたの

ココロとカラダをデザインしているからです。

 

 

変わるために必要なこと。

そのための要素を、ひとつひとつ消化していくこと。

 

それが大事なのです。

 

 

 

セルフイメージに縛られている

 

knot-252096_1280

 

自分のみているもの、それがすべて。

 

ひとが変わろうとしても、変われないひとが多いのは、

自分自身のことを信じることができないからです。 

 

ひとそれぞれに、持っているセルフイメージがあります。

 

そのセルフイメージに縛られていて、その枠からは、

はみ出ることができない。

 

もし、はみ出ようとしたのなら、もとの自分に戻そうという、

『ホメオスタシス』という働きがあるのです。

そういった働きが、ココロとカラダに備わっているわけです。

 

ある一定の枠内での変動は、許されていますが、

その枠内からはみ出る変動については

もとに戻そうとする働きがあるのです。
 

 

それは、体温や血圧、脈拍などといった、

カラダの側面だけではなく、ココロの側面にも

働くようにデザインされているのです。

 

 

話を戻すと、あなた自身のセルフイメージが変わらないことには、

いつまでも、そのセルフイメージに縛られたままで、

何も変わることはありません。

 

あなた自身のセルフイメージが、あなた自身の

ココロに影響を与え、あなたのココロが、

カラダに反映することで、カラダの姿勢や動きをつくり出しているのです。
 
 

行動できないのも

自信がもてないのも

結局は、自分自身のセルフイメージが、

”変われない自分”になってしまっているからなのです。 

 

 

いくら、一時的にエネルギーを貰える”場”に行こうが、

それは、行動するためのエネルギーに変換されることはありません。 
 

 

一時的にエネルギーが高まったとしても、根本的に、

エネルギーが漏れ出てしまっている状態だから

たとえ、行動し始めることができたとしても、

エネルギー切れを起こして続かなくなってしまうわけです。 
 

 

そして、簡単にもとの自分自身に戻されてしまう。

そのときに、変われない自分自身に幻滅してしまう

という負のサイクルに陥ってしまうわけです。

 

 

 

体験を伴わないものには、リアリティがないから信頼できない

 

porthole-451062_1280

 

あなたは、これまでに、何度も『自分は変わりたい』と思って、

何かしらの行動を起こして来たと思うんです。 
 

 

しかしながら、結局変われない自分を経験する度に、

どんどん”変われない自分”をインストールしてしまってきたわけです。 
 

 

それは、つまり、”自分は変われない”というセルフイメージを、

自ら、どんどん強めてしまったということですね。

 

自信をもつことができないのは、成功体験や

(ここでは、何が”成功”なのか?はひとまず置いておく)、

自分自身が変われたと思えるような体験をしていないから、

もしくは少なすぎるから、だと、わたしは捉えています。

 

 

冒頭に書いた、『自分がみているものが、すべて』という言葉。
 
そこにつながるのです。

 

自分の価値観、色眼鏡でしか世界をみていないし、

みえていない。

 

いまの、あなた自身が、みている世界とは

別の世界があるということを知らない。

 

知らないから、いくら、情報だけで、

『こういう世界がありますよ』と言われたところで

それは、体験を伴っていないから信じることができないわけです。 
 
 
 
 
体験を伴っていないものは、リアリティがなく

ただの情報にしかすぎません。 
 

 

 

ここで大事になるのは、その情報をどのように捉えるのか?、

ということだと思うのです。 
 

 

あなた自身が変わろうと思ったとき、新たな世界がある

ということを知って、そこに足を踏み出そうとしても、

その世界のことを知らないのだから、未知の世界に

足を踏み入れることは、不安だし、恐怖でしかないでしょう。

そして、本当に自分自身が変われるのかどうかを、

信じることができないでしょう。 
 

 

 

だから、中途半端な行動になってしまいがちなんです。 
 
失敗や、辛く、苦しい思いをするのが嫌だから

いまの世界に片足を残したまま、もう片方の足を

新たな世界に踏み入れようとする。 

 

つまり、”どっちつかず”の状態になってしまっている、

ということなんです。
 

 

そして、ここからが大事なところになりますが、

恐怖心というものは、誰にでもあり、それを消し去ることは

できないからこそ、より慎重になってしまう。
 

 

自分自身が変わるときっていうのは、これまでの世界が

変わるということなんだから、新たな世界に、

必要のないもの、悪いものがデトックスされることになります。

 

それは、カラダの反応でいうと、好転反応という現象を伴う、

ということになります。
 

カラダが、良い状態に変化する過程で、一時的に、

カラダがしんどくなったり、体調を崩したり、

何らかの現象が、カラダに現れたり、ということがあります。
 

その好転反応が過ぎ去ると、それがウソのように

カラダがスッキリする、ということを経験しているひとも

多いのではないでしょうか?

 

このように、カラダだけではなく、ココロの側面にも、

好転反応は起こるものです。 
 

 

あなた自身が変わろうとするとき、潜在意識では、

”変わりくない”という抵抗が生まれます。

その強烈な抵抗に苦しむことになるわけですが、

そこを乗り越えると、あなた自身が変われるようになるわけです。
  

 

だから、その一線を超えることができるのかどうか、

そこが、最も重要になってくるのです。  
 

 

 

でも、多くのひとが、潜在意識の抵抗に、

打ち勝つことができずに、その一線を超えることができない。

潜在意識の壁を乗り越えることができないわけです。

 

 

エネルギー切れを起こしてしまっているから乗り越えられない

 

young-691660_1280

 

よく、『変わった未来の自分にコミットしろ』

ということが言われますよね? 

でもね、自分の体験したことがないもの、みたことがないものには、

そう簡単に、コミットできないですよね。
 

 
じゃあ、なぜできないのかというと
 
エネルギー切れを起こしてしまっていることが大きいのです。 
 
 
 

エネルギーがないと、行動を起こすことができないし、

行動を継続することもできない。
 
そして、自分の理想像にコミットすることはできません。

 

 

わたし自身も何度も、潜在意識の抵抗にあって、

引き戻されてきた過去があります。 

自分の人生を生きることに諦めて、ただただ、

時間が過ぎ去るのを待ちながら生きていたときもあります。 
 

 

でも、あるキッカケで、変わってきたんです。

諦めないこと、それが重要だと思うのです。
 

 

わたしは、人生については諦めたこともあるけど、

自分自身は捨てなかった。

どんなに辛く、苦しいときでも、

自分自身は見捨てなかった。 
 

 

そうやって、耐えているうちに、わたしの場合は、

ひととの出会いで道が開けてきたのです。
 

 

本当に長い間、色んなことに耐えてきたけど

いま、という立ち位置から、それらの経験は、

すべて意味のあったことだと捉えています。 
 

 

よく、過去を分離してしまうひとが多いですが、

それは自分自身のエネルギーを下げてしまうことになるわけです。

いま、の自分自身をつくっているのは、過去の

あらゆる体験があったからこそであり、何一つ欠けていては、

”いま”の自分はないのです。
 

 

このように過去の出来事を、ひとつひとつ

再定義していくことで、自分自身に一体感を増し、

エネルギーが高まるのです。
 

 

潜在意識との戦い。

それが、ひとが変わるためにはもっとも大きな壁である

と感じています。 

 

 

変動を、ある一定幅の範囲におさめる、というのは、

わたしたちが、このカラダで生きていくためには

必要な機能ではあります。

つまり、現状維持ですね。 
 

 

しかしながら、モノゴトはすべて二極性であり、両面を兼ね備えています。

わたしたちは、そんな矛盾した世界で生きているのです。 
 

 

 

だから、

どちらか片方ばかりをみるのではなく

両面で捉えて、バランスを保っていく

ということが重要なんです。 

 

そのためには、エネルギーが必要ですよね。

エネルギーを漏らさない生き方、エネルギーを高める生き方を

実践していかないことには、色んな側面で、

バランスが崩れてしまうわけです。
 

 

ある一線を越えるためには、超えるまでが、

もっともエネルギーを必要とします。

越えてしまったらウソのように楽になる。 

 

そういった経験をどれだけしてきたのか、

または、これからするのか。

それが、大事になってくると思うのです。
 
 

そういった経験を何度も積み重ねることで、

エネルギーの使い方、というものが、肌感覚でわかるようになるから、

壁を乗り越えるまでに、エネルギーを使い切ってしまうことが

少なくなるわけです。
 

 

もし、目の前に立ちはだかる壁を乗り越えられなかったとしても、

エネルギーの使い方をミスった、と思えるし

また、エネルギーを高めて、別の方法で

乗り越えようとできるようになるでしょう。 
 

 

あなたは、何度でも立ち上がれる。

そのことを、自分自身で”知る”ということも

重要なことだと思っています。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログと関連した、こちらの記事もお勧めです!

 

・あなたが『変われない』のは理由があります。

その理由を”あなた”自身が知ることによって変われる

”わたし”になることができるのです。

 あなたが、何度も立ち上がっても結局は変われない理由とは? icon-share-square-o 

 

あなた自身が、諦めなければ必ず道は開けます!

あなたの人生を諦めないことが、あなたを生きることにつながる icon-share-square-o 

 

『変わりたい』って思っても、なかなか初めの一歩って

踏み出せないですよね?そんな初めの一歩を踏み出すことができずに

躊躇しているあなたに読んでもらいたい記事です。

行動できないあなたに伝えたい、はじめの一歩を踏み出すために必要なこと icon-share-square-o 
 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , ,