距離感のズレが、あなたのストレスを生み出している

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

あなたは、こんなことを感じたことはないですか?

学校や職場、または、通勤通学の途中で、

『このひとの距離感が不快でしょうがない!』ということを。

距離感のズレは、お互いに大きなストレスを感じる原因となってしまいます。

 

日常茶飯事に起こる、距離感のズレ。

そもそも距離感って何なんでしょうか?

 

距離感がズレる、ということは、どういった問題構造があるのか。

今日のブログでは、『距離感』をテーマに話を展開していきたいと思います。

 

 

違和感

 

ひとと関係して、何らかの違和感を感じることって少なくないですよね。 

その違和感とは、顕在意識では、具体的に何がおかしいのか、

言葉としては表現できない状態ではあるが、

潜在意識化では、何かを感じている、ということになります。

 

違和感は、いわゆる緊張状態とも言えます。

対人関係では、とくに緊張状態が生まれてしまいやすい。

それは、自分の安全性が脅かされるということから、

不安や怖れが発生し、そこに違和感という反応として現れてくるのです。 

 

他にも、対人関係において、いろんな違和感を感じることがありますが

それは、先にも書いたように”緊張状態”ということの他に、

理解できないことや、モヤモヤした状態に陥ることでも違和感を感じさせるのです。 

 

 

ということは、違和感が生じてしまうというのは、色んな刺激に対して

顕在意識、潜在意識、無意識と、

それぞれの意識の世界で、情報処理が行われているわけですが

その刺激に対して、自分の価値観の中では、対処しきれない刺激に対して、

不安感が生まれてしまうことが、違和感という反応、サインとして現れているとも言えます。

 

 

ひととの距離感

 

ひととの距離感って、価値感と同じで、ひとによって違っているものです。

だから、どうしても、距離感を上手く合わせることが難しい。

とくに、無意識的に生きていることが多い現代人には、

なかなか、難しいことだと思うのです。

 

例を出すと、コンビニでも、スーパーでも、

何かのお店でも、目の前に(自分)ひとがいるのに

ひとをひと、とも思わないような、記号としての言葉だけを使って

接客しているひとは少なくないですか?

 

そんなひとがいると、『何やこいつは!』と

一瞬、ムッとしてしまいますよね。

 

業務的な言葉、『いらっしゃいませ』『ありがとうございました』。

そこに想いはこもっておらず、

ただの記号としての言葉を棒読みしているかのようです。

 

これも、距離感っていう観点からみると非常に違和感を感じることでしょう。 

距離感でいうと、非常に遠い関係性であり、

まったくといって、つながりを感じられることはありません。

 

目の前のわたし、を人間としてみていない。

ひと、と向き合うことをしていないから、まるで、

ロボットと接しているかのような現象が起こっているのです。 

 

ひととつながれないから、不安になり、怖れの感情も湧き上がります。

それらの感情に支配されてしまうから

ひとに対して攻撃的になったり

ひとを排除して、拒絶したりする。

 

結局のところ、自分自身とのつながり、一体感がないから、

対人関係においても、ひととつながれない

ということになるわけです。

 

 

パーソナルスペース

 

もうひとつ例に出すと、”パーソナルスペース”というものがあります。

ひとによって、パーソナルスペースの範囲というのは違っていますよね。

 

このパーソナルスペースを読めない、感じられないことは

対人関係において、緊張感を生み出してしまう大きな原因となっているのです。

一般的な言葉でいうと、『空気を読めない』でしょう。

 

相手のパーソナルスペースが、どういう状態になっているのか?

そこを読み取れないと、勝手に土足で、自分の

パーソナルスペースに侵入して来られることになり

自分自身も、相手のパーソナルスペースに

土足で踏み込んでしまうことになりかねません。

 

それは、多くのひとが体験したことがあることではないでしょうか?

 

ここまで近づいても、違和感や緊張は感じないが

それ以上近づかれたら、感じるという”境界”というものがあります。 

 

その境界を、自分自身で知る必要があるし、

相手と関係するときには、相手の境界も知ることが重要なのです。

パーソナルスペースは、いわば、そのひと自身の安全圏でしょう。

 

そこに、勝手に許可無く侵入するということは、相手に

違和感や不安感を感じさせることで危険な状態にさらしてしまっている、

ということなのです。

自分の価値観を押し付ける、ということも、

パーソナルスペースに侵入するのと、同じことですよね。

 

相手を尊重し、そのひと自身のパーソナルスペースを読んで、適切な距離感を保てないと

それは、調和を生み出すどころか、逆に緊張状態を生み出してしまうことになります。 

 

こういったことを普段の生活の中で、どれだけのひとが、意識しているでしょう?

ほとんどのひとが、無意識的に生きてしまっていて、

何らかの違和感は感じているかもしれないが、その違和感を無視したり、

感じれなくなってしまっているのです。

 

違和感は、カラダで感じるものである。 

 

だから、カラダが不感症になってしまっていると、

違和感も感じることができません。

 

自分自身のカラダをモニタリングしていると、相手が、

自分のパーソナルスペースに侵入してくることも感じられるし

自分が相手のパーソナルスペースに侵入しそうなときにも、

カラダの違和感や緊張から、相手の境界を読み取れるようになります。

 

結局のところ

カラダの感性が、閉じてしまっているがためにアンテナの感受性が、

相当低下してしまっている、ということなんです。

だから、対人関係で緊張状態をつくり出してしまう。

調和することなく、緊張状態を生み出して、他者を分離してしまっている。

 

だから、ひととは深くつながれないし、色んなところで、

摩擦や衝突を起こしてしまうんです。 

 

距離感が大事です。

あなたは、自分のパーソナルスペースを確保できていますか?

どれくらいの範囲で、パーソナルスペースがあるのか認識していますか?

 

ひとを寄せ付けないために、自分自身の安全圏だけを

一方的に主張するためにパーソナルスペースを持つのではなく

自分自身だけじゃなく、個々を尊重するために

パーソナルスペースは必要なものなのです。

 

相手を尊重してこそ、個々の境界を超えた交流ができるようになります。 

 

尊重することなしに、一方的なコミュニケーションは交流とは言えません。

ただの侵入行為であり、相手からエネルギーを奪う行為にすぎないのです。

 

 

まとめ

 

・距離感のズレを認識するには、まずは

 自分自身のパーソナルスペースを認識することが大事。

 

・自分自身のパーソナルスペースを認識することができるようになると、

 相手の適切な距離感というものをつかめるようになる。

 

・相手との適切な距離感を保つことができるということは、

 相手との衝突や摩擦を生み出す要素を排除することができるので、

 緊張感が生まれず、相手との信頼関係を築きやすくなる。

 

・相手を尊重する気持ちがあれば、それは相手のパーソナルスペースへの

 配慮ができるようになる。

 

・相手を尊重することができるようになると、自分も

 相手から尊重されるようになり、お互いに良い循環が起こるようになる。

 

現代社会では、この距離感のズレが、様々な場面で大きなストレスとなって、

対人関係の悩みや苦しみを生み出しています。

 

あなた自身が、自分のパーナルスペースを認識し、

相手と関係することができるようになったとき、

相手との距離感のズレを最小限に抑えることができるようになるでしょう。

 

相手を尊重する気持ちがあれば、相手のスペースに

土足で踏み込むことも、踏み込まれることもなくなるでしょう。

対人関係の悩みや苦しみから、解放されるには、

距離感という側面は外せないものです。

 

ぜひ、あなた自身の距離感を認識し、その上で

他者との関係性を日々の生活の中で、見直していってみてはいかがでしょうか。

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , , ,