あなた自身との一体感を欠いたままでは、”わたし”という存在を生きられない

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

あなたは、自分自身とつながりながら生きていますか?

”わたし”という存在と一体感を感じていますか?

 

あらゆる問題は、他の誰かがつくり出したものではなく、

あなた自身がつくり出したものにすぎません。

 

その問題の本質というのは、あなた自身とつながれていない、

一体感をもって生きることができていないことから、

引き起こされているものです。

 

 

あなた自身とのつながり、一体感を取り戻して

生きることができるようになったとき、

いま、あなたが抱えている問題はなくなります。

 

では、どうやって、あなた自身とのつながり、

一体感を取り戻していけば良いのでしょうか?

 

あなたが、あなた自身との一体感を取り戻すために

必要なことについて話を展開していきたいと思います。

 

 

過去を分離している

 

 

あなたは、自分の過去を振り返ってみて、

「あのとき、こうしておけば良かったな」とか、

「あのひとと、出会わなかったら」とか、

ある過去の出来事をなかったことにしたい、

と思っていないでしょうか?

 

それは、あなた自身の過去を分離している

ということになるのです。

その結果、あなた自身のエネルギーは下がります。

 

そして、多くのひとは、自分の過去のネガティブな体験を

引きずりながら生きているのです。

それは、自分にとって重荷となって、その重荷を

常に抱えながら”身重”で生きている、ということになります。

 

だから、過去に縛られながら生きていることになります。

 

”トラウマ”、という言葉を良く聞きますが、それは自分自身が

過去のある出来事を、「トラウマ」という概念に当てはめたことで、

「トラウマ」をつくり出してしまったにすぎません。

 

あなたが、もし、「トラウマ」という概念や意味を知らなければ、

それは”ただ過去の一つの出来事”にすぎないからです。

あなたが「トラウマ」という意味づけをしなければ、

「トラウマ」というものは生まれないのです。

 

そして、過去の出来事というのは、過去に遡って、

出来事自体は変えることはできませんが、その出来事の

捉え方というのは、いつでも変えることができます。

 

 

それが、過去の再定義なのですが、過去の出来事を

”いま”という立ち位置から、再定義することによって、

ネガティブエネルギーを昇華させることができるようになります。

 

昇華させるということは、ネガティブな意味づけをした過去の

出来事の中でくすぶっているエネルギーが、

いまの自分を応援するエネルギーに変換されるのです。

そのことによって、過去から解放されるのです。

 

 

 
過去からの解放というのは、これまで自分自身と

分離していたものが統合される、ということでもあります。

バラバラになっているものを統合していくことで、

あなた自身に一体感が生まれるようになるのです。
 
 
この一体感をもつ、という状態がとても大事なことであると、

わたしは考えています。
 

 

 

承認欲求の世界で生きている

 

生きることに悩み、苦しんでいるひとの多くは

承認欲求の世界に生きています。

 
承認欲求とは、『自分を認めてもらいたい』

という欲求のことですね。

自分を認めてもらうために、ひとから、

エネルギーを奪う発想をもちながら生きている。
 

 

それの分かりやすい例が、”自慢”です。

SNSでの投稿を見ていても、多くのひとの投稿が、

自慢話になっているということにお気づきでしょうか?

 

そういった投稿ばかりをしてしまうのは、

承認欲求の世界に生きていて、

そのひと自身のエネルギーが枯渇しているから、

ひとから奪って補おう、ということなのです。

それは、本人が意識していなくても、無自覚でもエネルギーを

補充するために、自然にやってしまっていることなのです。

 

自慢の中でも、不幸自慢というのも多い。 

『過去にこんなことがあって、そのせいで、わたしはこんなにも不幸なんです』、

みたいな感じのことです。

 

それも、そういったことを発信することで、

誰かに共感してもらって、共感してもらったひとに、

エネルギーのパイプでつながることで

エネルギーを奪っているのです。

 

そういった、承認欲求の世界に生きているひとは、

常にエネルギー切れを起こしています。

誰かから、エネルギーを奪わないと生きていけない

依存体質になっちゃっているわけです。

 

 

実は、承認欲求は必要ではなくなる状態というのは、

あなた自身でつくり出すことができるのです。

 

それが、一体感を持つ、ということです。

あなた自身との深い一体感が生まれ、

その感覚をもちながら生きられるようになると

承認欲求がなくなります。

 

統合すればするほど、どんどんあなた自身の

エネルギーが凝縮されて、一体感が増してくるのです。

エネルギーが高まれば、高まるほど、

一体感が大きくなり、安心感も生まれます。

 

自分自身を安心感で満たすことができると、

外側に何かを求める、という発想は

生まれなくなるのです。

すでに、十分すぎるほど満たされているから、

そもそも何かをひとから奪う必要がなくなるのです。

 

そんな状態でいられたら、承認欲求は

必要ではなくなりますよね?

 

誰かに、自分という存在を認めてもらわなくても、

自分自身とのつながりが深いから信頼感があります。

信頼感があるから、自分自身をありのままに

表現できるのです。

 

誰かに、依存しなくても、わたしという存在の

価値を確信しながら生きていけるのです。

自分という存在が、すでに価値のある存在であるという、

確固たる自信が生まれるからです。

 

自分の中に、信頼感があるから、他者をも信頼できるし、

その場の空間も信頼することができる。

あらゆるものへの信頼があるからこそ、

一体感が生まれるようになるのです。

 

 

そういう生き方へシフトできたとき、

あなたの承認欲求は不要なものになるのです。

 
 

 

一体感を感じられると

 

 

この一体感を持てるようになったときの感覚は

何とも言えない感覚です。

承認欲求が、誰かに、何かに依存しなければ自分自身を

満たすことができない、といったような感覚だとしたら

一体感があるときの感覚は、すでに満たされているし、

別に誰かに、何かに求める必要がない、

といったような感覚でしょう。

それは、とても大きな幸福感を感じるものであり、

表面的なものが満たされる感覚ではなく、自分の中の

とても深いところから満たされているような感覚です。 
 
 
 
心理学の中でも、昨年から話題になっている

アドラー心理学というものがあります。

アドラーは、フロイト、ユングに並ぶ、

3大巨塔とされている心理学者です。

 

そのアドラーの思想に『自己重要感』

というものがあります。

そして、自己重要感を、『承認欲求』と

『共同体感覚』の2つにわけています。

 

一体感というのは、共同体感覚をもてるようになると

得られる感覚のことです。

 

人生には大きく分けて4つのステージがあります。

下から、欲望、自己実現、貢献、使命の順番になります。

 

欲望、自己実現のステージに生きているひとは、

承認欲求の世界に生きていて

貢献、使命のステージに生きているひとは、

共同体感覚の世界に生きています。 

 

共同体感覚とは、自分が大きな共同体の一部であり、

その感覚をもつことで、自分の存在意義を感じる、

というものです。

 

そして、アドラーは共同体感覚をもつために
・自己受容
・他者信頼
・他者貢献

が必要であると言っています。
 

 

自分自身をありのままに受け入れることができるから、

他者を信頼することができる。

そして、他者を信頼できるから、貢献することができる

という流れにもなっています。

 

このことは、先ほども書きましたよね。

 

自分自身をありのままに受け入れるということは、

自分が分離していることを統合していく、

ということでもあるのです。
 

 

統合するには、バラバラになっているものを、

ひとつひとつ受け入れていかないことには

統合することができません。

 

 

そうやって、まずは

自分自身を受け入れる、ということなしには、

他者を受け入れることはできません。

 

他者を信頼できないのは、他でもない

自分自身を信頼することができていないから。

 

他者を愛せないのは、自分自身を愛せていないから。

 

自分がみている世界は、自分の内側が、

投影された世界をみているにすぎません。

 

しかしながら、多くのひとは自分の外側に

写し出されているものをみて、それが悪いとか、文句を言ったり、

排除しようとしてしまい、自分との分離を進めてしまっているのです。

 

自分の外側に写し出されているものに対処しても、

その現象や出来事はなくなったとしても、

自分の中の本質的な問題点は、解決していないから、

また別のカタチで現れてしまう。
 

だから、いつまで経っても、

同じ悩みや苦しみからは解放されることはないのです。

 

自分の内側で起きていること。


そこに目を向ける必要があるし、気づくことが重要です。

 

 

あらゆる問題は対人関係から生じる

 

すべての問題は、人間関係にあります。

それは、相手を受け入れることができないから、

そのことで、悩み、苦しみということでもあります。

 

相手を受け入れることができない、というのは、

自分自身を受け入れることができていない

という前提があるからでしょう。

自分自身を受け入れることができていれば、

すでに満たされた状態だから、他者を信頼もできるし、

他者に貢献をすることができる。

 

満たされていなければ、他者から「奪われる」

という怖れを抱いてしまうことで、自分を閉じてしまうし、

相手を拒絶し受け入れなくなってしまう。

 

 

自分自身が満たされていると、自分という存在

だけならず、他者との一体感も感じているし

対、”ひと”だけではなく、もっと世界をひろげてみると、

空間であったり、自然であったり、宇宙であったりと、

より大きなフィールドに意識がひろがっていくのです。 

 

他者との一体感を感じられるからこそ、

信頼できるし、貢献もできる。

 

なぜなら、自分と他者との隔たりというものが存在しないから。

自分という”個”は存在するけど、自分と相手は、

同じものであり、共同体であるという意識になっているから。

 

ワンネスという言葉があるようにすべては、ひとつなのです。

 

だから、そういった感覚が高まることで、

様々な悩みや苦しみからは解放されるようになります。

 

逆に、分離を進めれば進めるほど、

悩みや苦しみは、増幅していくことになります。

 

あなたは、どっちの方向に向かって生きていますか?

まずは、そこに、あなた自身で気づくことが

大事になってくるのです。

 

 

まとめ

 

・あなたの過去の出来事で、ネガティブな意味づけをしてしまった「トラウマ」は、

再定義することで、いまの”わたし”を応援するエネルギーに昇華する。

それは、つまり自分から分離していた”過去”を統合するということになり、

あなたを縛りつけていた過去の出来事から解放される、ということでもある。

 

・分離しているものを統合すればするほど、

あなた自身の一体感が大きくなり、安心感が生まれるようになる。

 

・あなた自身が安心感で満たされると、

自分自身への信頼感が生まれ、自信がもてるようになる。

 

・あなた自身への確固たる自信が生まれることで、承認欲求は

不要なものとなり、承認欲求の世界で生きることから抜け出すことができる。

 

・自分の中に一体感が生まれると、自分自身への信頼だけではなく、

他者への信頼、その”場”への信頼も生まれ、あらゆるものへの信頼が生まれる。

そのことで、より一体感をもって生きることができるようになる。

 

・一体感をもって生きることができるようになると、

自分の中に幸福感を感じることができる。

 

以上が、一体感を持って生きることができるようになると、

あなた自身が得られるものです。

このような状態を手に入れることは可能です。

あなた自身が分離しているモノゴトを、ひとつひとつ

統合していくことで、つくり出すことができるのです。

 

誰かが、あなたの代わりにつくり出してくれるものではありません。

あなた自身が、日々の生活の中で、コツコツと

積み重ねていくことで得られるものなのです。

 

一体感をもって生きること。

 

それができるようになると、あなたの人生は激変します。

 

もちろん良い方向に、ですよ。

 

ぜひ、勇気を出して、はじめの一歩を踏み出してみて下さい。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

自分自身との”つながり”や”一体感”を取り戻すことが、

あなたの人生を生きるために欠かせない最重要事項である。

あらゆる問題の本質は、自分自身と”つながれない”ことが問題である icon-share-square-o 

 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , , ,