”事実”と”思い込み”を分けることが、あなた自身の思い込みの解放につながる

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

わたしたちは、ある意味『思い込み』に支配されながら生きている、

と言っても過言ではありません。

『思い込み』を剥がしていった、その先にある”事実”。

それを抽出することができずに、『思い込み』によって

支配されながら生きているわけです。

 

『思い込み』に支配されてしまっているがために、

モノゴトをありのままに見ることができなくなってしまっているのです。

変に意味づけしてしまい、ある概念、”型”に

はめ込んでしまうがために、自らを縛り付けてしまっているわけです。

思考の硬直が、あなた自身のココロとカラダを

硬直化させてしまっているのです。

だから、事実を事実として抽出できる力を

身につけていくことが重要でしょう。

 

今日のブログでは、”事実”と”思い込み”について話を展開していきます。

 

 

 

わたしたちは客観的な世界に生きていながら、主観的な世界に生きている

 

phone-1031070_1280

 

ひとは、事実をありのままに客観的に把握することは不可能です。

 

なぜなら、ブログで何度も書いていることになりますが、

誰もが、自分の色眼鏡を通してものをみている、からです。

 

わたしたちは、客観世界に生きていながら主観の世界に生きています。

 

同じ出来事を体験しても

皆それぞれに、感じ方や受け止め方が違っている。

 

そのことを知るために

あるときに、何人かで同じ体験をしてみて、数日後に、

ひとりひとりに感想を聞いてみると良いでしょう。

必ず、みんなバラバラな答えを言うはずだから。

 

 

このように、ひとは

自分が体験したことについて客観的に事実を把握するのではなく

自分の受け取りたいように、自分の体験や、

好みに応じて主観的に意味づけしているのです。

 

 

つまり、自分勝手に、事実を事実としてみることなく

主観的に、意味づけしてしまう、ということなんです。 

 

だから、”事実”と”思い込み”がごちゃ混ぜになっていて、

モノゴトを複雑にしてしまっているのです。 

 

 

問題を”ややこしく”してしまっているのは

他の誰でもなく、あなた自身なのです。 

 

 

それなのに、問題の責任を、誰かのせいにしたり、

環境のせいにしたり、モノゴトのせいにする。

 

 

そうやって、責任の所在をすり替えて、被害者意識をつくり出して

あらゆることに、悩み、苦しんでいるわけです。

 

まさに、

自分自身がつくり出した”思い込み”によって

苦しんでいるんですね。

 

 

だから、その問題となることをみたときに

事実と思い込みとを分けて考える必要があるわけです。

 

 

問題を抱えている当事者は

問題に対して、距離が近い状態で、問題に

巻き込まれてしまっているから、高い視点で、

モノゴトをみることはできません。

 

 

だから、その問題をみたときに

現象面だけしかみえておらず、”事実”と”思い込み”を

わけて考えることができないのです。

 

”事実”と”思い込み”をごちゃ混ぜにしたままでは、

いつまで経っても、本質はみえてきません。

 

 

だから、思い込みに支配されてしまうことになり、

その問題からは、永遠に逃れることはできないんです。 

 

 

 

出来事をどのように受け止めるのか、が大事である

 

street-1026246_1280

 

アドラー心理学では

そのひとに何が起きているか、という事実よりも

そのひとが出来事をどのように受け止めているのか、

を重視しています。

 

 

このことからもわかるように、そのひと自身が、

出来事をどのように受け止めるのか、で

プラスにも、マイナスにも働くのです。 

 

受け止め方がマイナスの方向に働けば

その出来事は、問題として捉えられることになるだろうし

 

 

マイナスに受け止めなければ、それは、ただの出来事にすぎないし

プラスの面に働くかもしれません。

 

 

結局は、そのひとの受け止め方次第ということになるわけです。

そして、問題をつくり出してしまっているのは他ならぬ、

自分自身ということでもあります。

 

 

このことを知って、自分自身が抱えている問題をみてみたときに

”事実”と”思い込み”とに分けてみる習慣を身につける良いでしょう。

 

つまり、問題を分解してみるのです。

分解してみると、本質に気づくことができるようになる。

 

本質を知ることができたら、その問題の構造を知ることになる。 

 

それは、自分自身がどういった受け止め方をしているのか、

ということを”知る”という作業でもあります。

 

 

そうやって、ただのひとつの出来事が

どういった経過を経て、問題へと発展してしまったのか、

ということを知ることができるのです。

問題に発展させてしまった部分が分かったら、その出来事を

問題として捉える必要がなくなり、その問題から

解放されるようになる。

 

このように、誰かの力をかりなくとも、

本来は自分自身で問題は解決することができるのですから。 

 

 

ただ、問題に対して近視眼的になっている状態や、

盲目的になっている状態だと

問題の現象面しかみることができないので、

問題を解決することはできないでしょう。

 

 

問題を全体的にみることができるところまで、

視点を高くすること。

そして、多角的にモノゴトをみることが欠かせないのです。

 

 

 

自立すること

 

woman-984279_1280

 

誰かの力を借りてばかりの依存状態になってしまっていないでしょうか?

 

自分の力で、問題を解決する力を身につけないことには、

”いま”抱えている問題が解決したとしても、

新たな別の問題が起こったときにまた、ひとに依存してしまう、

ということを繰り返してしまうわけです。

 

 

そうやって、いつまで経っても自分の力で解決すること、

乗り越えることができないままで生きていくことになるのです。

 

 

本当に、それで良いのでしょうか?

楽な方を選択し続けていても良いのでしょうか?

 

それは、問題は解決するかもしれないけど、自分自身の

成長や進化につながっていなければ、無意味なんじゃないだろうか、

と思うのです。 

 

あなたが抱えている問題は、あなた自身を成長させ、

進化させるために用意されているものです。

 

 

ひとつひとつ、自分の力で乗り越えることで

自分の『軸』が立ってくるし、

『ハラ』がすわってくるようになる。 

 

ひとに依存し続けながら生きていると、いつまで経っても、

不安を抱えながら生きていくことになるのだから。

 

自分の『軸』が立ち、『ハラ』がすわってくるようになると

自分の人生を、自らが舵取りをしながら進んでいくことが

できるようになるし、安心感が得られるようになります。

そういった自立した状態を目指して欲しいと思っているのです。

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もオススメです!

・『思い込み』をテーマに書いた記事です⬇️

思い込みの力を、良い方向に使ってあなた自身をデザインしよう! icon-share-square-o 

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , ,