あなたの言う”タイミング”っていつ?ただ先延ばししているだけなんじゃないの?

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

何かを始めるとき、何かが始まるときって

『タイミング』ってありますよね?

『タイミング』という言葉は、良く使われているので、

都合良く使っているひとは少なくありません。

いくら口では変わりたいって、言っていても

『いまが、そのタイミングじゃないんだよ!』とか言って、

いつまでもタイミングがないまま時間だけが過ぎ去っていくひと。

 

あなたは、そんな言い訳人間に陥ってしまっていませんか?

 

『タイミング』という言葉を違う観点から捉えてみると、

これはわたし自身の主観的な見方にはなるのですが、

ひととの出逢いと、そのひととの方向性のベクトルが

一致するってことが、『タイミング』なんじゃないかと

思っているのです。

 

『タイミングが合った』と感じるときっていうのは、

自分の進むべき方向と、その瞬間に出逢ったひとの

目指している方向性が、一致したときに化学反応が起こって、

行動するためのエネルギーが湧き上がってくる。

そのように感じています。

 

もちろん、受身なままでは、いつまで経っても

『タイミング』というものはやってこないでしょう。

 

大事なことは、あなた自身が能動的、

意識的に生きていること。

そしてアンテナを立てて生きていること。

それが大事だと思うのです。

 

今日のブログでは、『タイミング』について、

話を展開していきたいと思います。

 

 

 

タイミングは、”ご縁”である

 

timing-715266_1280
 
ひとが、変わるときには、それぞれに”タイミング”

というものが存在すると感じています。

 

そのタイミングでないのであれば、いくら、

誰かに自分のことを変えてもらおうと動いても

それは、流れに逆らっていることになるから、

変わることはできません。

 

厳密にいうと、誰かに変えてもらうことが、

一時的にできたとしても、すぐに元に戻ってしまうのです。

 

 

それは、『ホメオスタシス』というカラダの恒常性を保つ働きがあって

 

体温や血圧など、カラダのあらゆる生理的な側面において、

許容範囲を超えて一定以上の変動があると、

それをもとに戻そうとする、という働きが

カラダには備わっているからなんです。

 

それは、カラダのだけではなく、

ココロにも同じことが起こるのです。

なぜならば、ココロとカラダはつながっており、

表裏一体であるから。

 

 

この『ホメオスタシス』という働きがあることで

自分が変化するということがあると、

もとに、戻されてしまうのです。

 

 

顕在意識では、いくら『わたしは変わりたい』、

という想いをもっていて、何かしらの

セラピーやセッション、カウンセリングなどを受けたとしても、

潜在意識下では、『本当は変わりたくない』

というひとは少なくありません。 

 

わたしも、これまでにセッションの仕事をさせて頂いてきて、

そういったお客さんを何人もみてきました。

 

そういったひとは、カラダを”ゆだねる”ことが

できないんですね。

何とかして欲しい、という思いがあって、セッションを

受けに来ているのに、セラピストにも、空間にも、

自分の身を”ゆだねる”ことができないのです。 

 

それは、初対面だから、信頼関係が構築されていない、

ということや、どういったセッションになるのか分からないから

緊張している、ということも、もちろん考えられるでしょう。 

 

しかしながら、そういうものを差し引いたとしても

潜在意識下では、『本当は変わりたくない』という想いが強いのです。 

 

 

『変わる』ということは、

未知の自分に変化するということです。 
 

 

それは、不安だし、怖いですよね。

そんな感情を抱いて生きるよりも、

これまでの自分でいる方が、まだ想定内で

生きることができるから、まだ、安心感がある。

 

 

そういった想いが、顕在意識には上がってこなくても、

潜在意識下に、強くもってしまっていればいるほど、

”いま”の自分からは変わることができない。 

 

 

いくら、誰かに救いを求めても、結局は、

自分のことを変えることができるのは自分自身だけなんです。 

 

多くの時間とお金を費やしても、何かを受けるたびに、

”自分が変われる”という期待を抱き、受けた後に、

その期待を裏切られて、また、エネルギーが下がってしまう。 

 

 

そうやって、『結局、何をしても変われないんだ』

という思い込みを強めてしまうことになるんです。
 
そういうことを繰り返してしまうひとって、

自分で気づかないうちに、

依存体質になってしまっているわけです。

 

”かわいそうな”自分に酔っていて、そんな自分でいることで、

他者からエネルギーを奪っているひとも少なくない。 

 

 

自分自身で、そのことを認識していなくても、

エネルギー切れを起こしてしまっているから

何らかの方法で、自分のエネルギーを補充する必要があるのです。

だから、そういう”やり方”で他者からエネルギーを奪っているわけです。

 

ひとからエネルギーを奪えば奪うほど、

気持ち良くなって、その”快感”が得られるから

ひとから、エネルギーを奪うことをやめられない。

 

 

このように書くと、いかにも、悪いひと、

確信犯であるように感じてしまうひともいるかもしれませんが、

本人は、自分で気づいていないだけで”悪気なく”、

自然に行っていることなのです。

 

もちろん、確信犯的に、ひとからエネルギーを

奪っているひともいることは事実です。

 

やればやるほど、依存体質から抜け出すことが

できなくなって、自立できなくなっていくわけです。

 

 

 

エネルギーを奪っていることに気づくことが大事

 

hands-926752_1280

 

依存体質に陥ってしまっているひとは、何らかの

セラピーやセッション、カウンセリングなどを受けるよりも、

まずは、自分自身で、ひとからエネルギーを奪っている、

ということに”気づく”必要があると思うのです。 
 

 

気づくことができたなら、そこから、エネルギーを

高める生き方を実践していき、エネルギーを

高めていくことで、その高まったエネルギーが

色んなものに変換されていくのです。
 

 

それは、新たなひととのご縁であったり

何かの出来事かもしれないし

何かの情報なのかもしれません。 

 

 

そうやって、あなた自身のエネルギーが高まると、

自然と、自分が変わるためのキッカケとなるものが、

自分のもとにめぐってくるのです。 

 

もちろん、そのキッカケを活かすも殺すも自分次第

ということになりますが、活かすことができたのなら、

その出来事をキッカケに、自分の人生が展開していくかもしれません。 
 

活かすことができたのなら、うまくタイミングに

乗ることができたということでもあるでしょう。 

 

 

しかしながら、そのタイミングに乗れなかったとしても、

カタチを変えて、また別のタイミングがやってくる。
 
そのタイミングに気づくことができる感性は大事である。 

 

あなた自身が、ひとからエネルギーを奪う生き方をしていると、

当然ながら、そのタイミングというものには気づけないし、

キッカケとなる出来事もめぐってこないのです。

 

 

エネルギーを循環させる発想で生きる

 

waterfall-620313_1280

 

種まきの法則、というものがあるように、

自分の蒔いた種は、自分で刈り取る必要があります。 

 

 

ひとからエネルギーを奪うことばかりしていたら、

誰かに、自分のエネルギーが奪われることになるし

ひとにエネルギーを与えていたら、自分のもとに

何らかのカタチで、エネルギーが還ってくるのです。 
 

 

このように書いてみると、自分が変わるためのキッカケを

引き寄せる、とか、タイミングに乗る、ってことが

とても難しいことだと捉えられてしまうかもしれませんね。

 

 

でも、それは、

そういったものが、みえないフィルターで世界を

みることしかできないから”気づけない”だけなのです。 

 

本当は、日々の生活の中で、あなた自身にとって、

大きな学びを得られる出来事があふれているし、

自分を成長、進化させるキッカケが、”ある”のだから。

 

それに気づけない、みえない、のは、自分の抽象度が

低くなってしまっているからであって、自分の抽象度が

上がることで、気づけるようになるし、みえるようになるのです。

 

あなた自身のフィルターが変われば、みえる世界が変わる。 

そうすると、これまでは気づかなかったことが、

みえるようになるし、分かるようになる。 

 

 

だから、色んな価値感に触れてみること。

高い視点で、モノゴトをみて、あなた自身の

価値観を破壊していくこと。

そして、あらたな価値感を再創造していくことで、

自分のフィルターが、新たなものに書き変わる。

 

そうすることで、自分自身のみえる世界が、

どんどん変わっていくしみえる世界が変わるから、

思考も変わるし、行動も変わってくる。

 

 

そうやって、誰かに、あなた自身

変えてもらうのではなく、自分自身と向き合って、

自分自身で変わっていく。

それが、大事なプロセスだと考えています。

 

 

 

誰かの力を借りて乗り越えていくことも大事な視点である。依存しなければ、積極的に活用すべきこと!

 

holding-hands-858005_1280

 

もちろん、自分で変わっていくために、

誰かの”力を借りる”ことは、何も悪いことではありません。

むしろ、大事なことでしょう。 

 

他者に依存しなければ、積極的に、ひとの力を借りていけば、

一気に、詰まっていたものが解放されるかのように

循環していくかもしれません。

 

ひとの力を借りたとき、自分が良い方向に人生を

展開させていくことができたなら、そのことで、

あなた自身のエネルギーが高まっていき、力を借りた

ひとのもとにエネルギーを還すこともできるようになります。 

 

『依存する』というのは、力を借りる相手から、

『エネルギーを奪う』という行為になるのです。 

 

 

しかしながら、『エネルギーを循環する』という

発想をもって、力を借りることで、借りたひとに、

良いエネルギー循環で還すことができるようになるのです。 

 

そうやって、エネルギーを循環させる、

という発想をもって生きることが大事なのです。

 

 

循環させる発想をもって生きていれば

色んなご縁も

情報も

どんどん、あなたのもとにめぐってくる。

 

奪う発想は、循環することがありません。

一方通行で、終わってしまい、どこかしらで、

詰まってしまって、いずれ、詰まったところから

何かしらの問題えを勃発させてしまうことになるのです。

 

 

このブログを読んで、あなた自身の人生が変わる

”ひとつ”のキッカケになるかもしれません。

 

わたしは、そのような意識をもって、常にブログを書いています。

エネルギーを循環させる発想をもって

ということですね。 

 

 

あなたのもとにエネルギーが循環して、良い方向に

人生が展開していくように、”祈り”の想いを込めて

書いているのです。

 

わたしの書いている言葉に込めているエネルギーが、

何かのキッカケになって、あなたの中で、

何かの化学反応が起こったのなら、この上なく、

喜ばしいことだと思っています。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログと関連した、こちらの記事もお勧めです!

いつまでも、”いま”が行動するタイミングではない、

って言い訳し続けていると、どんどん行動できない

”わたし”を強化することになってしまうのです。

なぜ行動できないのか?行動できるひとになるための本質とは? icon-share-square-o  

 

 - ブログ , , , , , , , , , , , , , , ,