「どう生きる?」あなたに必要な取扱説明書を手に入れよう!

      2017/09/22

こんにちは、ココロとカラダの錬金術師、魚住です。

 

わたしたちが生きている、この物理世界では、

あらゆるものに取扱説明書というものが存在します。

でも、わたしたち人間の取扱説明書って存在しないんですね。

それは考えてみると、当たり前のことなんですが

もし、そういったものがあったとすると、わたしたちの生き方って

色んな意味で大きく違っていると思うのです。

 

もっと生きやすいというか、生きることに悩んだり、苦しんだりしない。

そう思うのです。

 

わたしたちは、個々で価値観の違っている生き物です。

じゃあ、その価値観が、一体どういったもので

カタチづくられているのかというと

それは、これまでに生きてきた過去でしょう。

 

どういったひとに囲まれて生きてきたのか。

ひとだけじゃなく、どういった環境で生きてきたのか?

そういった環境因子が大きく影響しているでしょう。

 

ひとそれぞれに生きてきた背景が違っているのですから

取扱説明書なんてものが、もしあったとしても

万人受けするものなんてつくれないわけです。

だから、存在しないし、つくれないのです。

 

 

でもね、”わたし”という唯一無二の存在の取扱説明書

というものがあったとしたら

それは、あなた自身の人生を良い意味で大きく変えるものになるでしょう。

 

つまり、生きるための指針となる、ということです。

 

 

はっきりとした明確な取扱説明書というものはつくれないかもしれませんが、

あなた自身の過去を紐解いていくことで、

”わたし”という存在の理解が深まり、進むべき方向性

というものが見えてくるでしょう。

 

それが、ある意味であなた自身の取扱説明書となるわけです。

 

 

 

”わたし”を見失っている

 

tunnel-628368_1280

 

自分が、一体どこに向かっているのか分からない。

何を目的に生きているのか分からない。

 

生きる気力を失い

生きる目的を失い

自分自身をなくして、さまよいながら生きている。

 

 

現代社会では、そんな人々を増産しているのではないだろうか?

そのように感じて仕方がない。

 

 

なぜ、こんな状態に陥ってしまうのでしょうか?

 

ひとつの側面としては、

自分自身の取り扱い説明書っていうものを

自分自身で知らないし、読んだことがないから、

どのように生きたら良いのか分からない

ということがあるのではないかと思っています。

 

 

”わたし”という存在への理解ができないから

自分の人生を生きることができずに、他人の人生を生きてしまう、

といった事態に陥ってしまっていると思うのです。

 

他人の人生を生きるから

どんどん自分自身をなくしていくし 、見失っていくのです。

 

本当は、そんな生き方をしたくはない。

 

 

『他人の人生を生きる』、ということが、ある意味

自分自身で考えなくても良いから”楽”です。
 

だから、他人の価値観に基づいて、人生を生きることを選択していた。
 

 

しかしながら、自分の本質、”魂”は

そんな生き方を望んではいないから

自分自身との乖離が生まれて

悩みや苦しみを増幅させていくことになるのです。
 

 

自立できない苦しみ 。

依存するということは、自分自身で、あらゆることを選択、判断する、

ということを放棄してしまっている、といってもいいでしょう。

 

 

ひとは、省エネで生きることが、メカニズムとして備わっているから、

あらゆることに、エネルギーを注ぐ、

ということをできるだけしたくありません。
 

 

だから、ひとに依存してしまう傾向にあるのです。

楽を求め、効率化を求める。

そして、どんどん無意識的な人間になり

受動的な人間になってしまうわけです。
 

 

何かの電化製品を購入したら

その製品の取り扱い説明書は、必ずついているし

 

車を運転するときも

車の構造やメカニズムを詳細には知る必要がなくても、

運転の方法や、運転技術を学びます。
 

 

しかしながら、わたしたち人間の取扱説明書、というものは、

一度として、渡されることはないし、学ぶこともありません。

 

もっとも身近な存在であり、

かけがえのないパートナーである、自分自身のことについて、

深く知ることなく、長年生きてきているのです。

 

もっとも身近なのに

もっとも遠い存在。

 

どのように”わたし”と付き合ったら良いのか分からなくて、

自分自身との関係性を上手く築けなくて、

多くのひとが、悩み、苦しんでしまっています。

 

 

もし、自分の取扱説明書を読む機会があり

学ぶ機会が用意されていたとしたらどうでしょうか?

 

いまよりも、あなた自身と良い関係性を築けていると思いませんか?

 

電化製品など、と違って、わたしたちの取扱説明書は、

シンプルで、簡単なものではありません。

 

決して、マニュアル化できないものでしょう。 

ひとそれぞれ違っているのですから。

 

どうしたら、自分の取扱説明書を手に入れることができるのか?

 

 

imprint-418594_1280

 

それは、

 

これまでに生きてきた過去を


ひとつひとつ紐解いていくことで

あなた自身の取り扱い説明書を手に入れることができるのです。 

 

自分の外側に、あなた自身の取扱説明書が存在するのではなく

自分自身の過去を紐解いていくことで、出来上がっていくものなのです。

 

だから、自分自身と向き合わない限り

その取扱説明書は手に入れることができません。 

 

多くのひとは、色んなものを自分の外側に求めてしまいます。

なんらかの答えが、外側にあるかのように信じていて、常に求めてしまっている。 

 

本当は、自分の内側にあるのに、そのことを知らない、

または信じられないからいつまで経っても、自分の外側に

「答え探し」を続けているのです。 

 

何が正解なのか、間違っているのか? 

 

そこに「答え」なんてないですよね? 

 

大事なことは、”いま”問いう瞬間に、

『”わたし”自身が何を感じて、どうしたいのか?』

じゃないでしょうか。 

 

自分自身を信頼することができないから、

周りの目や、評価を気にしながら

それを自分自身の判断基準にして、行動しているのです。 

 

自分自身が、どう感じているのか?

自分自身が、どうしたいのか?

 

そういったものを無視して、他者の価値観を

自分の価値における判断基準としているのです。

 

それって、自分自身を生きていないですよね?

他者の価値観で生きているだけなんです。

 

 

自分自身と向き合い、自分自身とのつながり、

一体感を取り戻すために時間はかかります。

 

でも、自分の取扱説明書を手に入れるか、手に入れないかでは

人生がまったく違うものになってくるでしょう。

 

生きる指標なく

ただ、ひとの価値感に生きることを続けるのか

 

自分自身を見失ったまま

いま抱えている悩みや苦しみを、この先も抱えながら生きていくのか

 

もっとも身近で、頼りがいのある”あなた”という

パートナーとの関係性を、良いものに築いていくことこそ

あなたの人生を取り戻し、輝きを放つために必要なことではないかと、

わたしは考えています。

 

だから、セッションを通じて、ご縁を頂ける方の、

取扱説明書をつくり上げていくこと。

そこに価値を見出していきたいと思っています。

 

生きることに悩み、苦しんでいる多くのひとが、

自分らしく生きられる世の中をつくること。

 

そして、依存しなくて良い

エネルギーの奪い合いのない世界をつくること。

 

それぞれが自立し、自分の得意分野を発揮しながら、個々が輝き、

全体として調和していく世の中を創造していくこと。

 

そういった未来を見据えて、これからも行動していきたいと思っています。

 

 

 icon-hand-o-up 今日のブログ記事と関連した、こちらの記事もお勧めです!

あなたの人生は、”誰かに”、”何かに”与えてもらうものでもなく、

作ってもらうものでもありません。

あなた自身で、デザイン、創造していくものなのです。

自分の人生は、あなた自身で創造できる  icon-share-square-o 

 

 - ブログ , , , , , , , ,